kibikibi=note

大人から始めるピアノと日々のこと

コドモのピアノの自立・自律……発表会へ向けて。

教室では、毎年の発表会の他に小さな発表会を開催して下さっている。
アナウンスなし。普段着でもいい。発表会の練習の発表会とも言える。
ということならば、コドモに練習の追い上げをまかせてみたい。
本番近くなってもワタシが練習!練習!と口をださない、ということです(笑)
 
ちょうど1年前のミニ発表会から、そんな試みを始めました。
昨年9月・・・コドモはこの時の本番は止まりました…初めての経験。
暗譜が不十分だった様子。
今年3月・・・年に1回の発表会。
順調そうだったのですが、発表会前のレッスンまできたところで
それまでにはないミスが出始めて。
結局最後の3日間は追い込み練習に付き合う(^^;
本人はなかなか、しんどい思いをしたはず。
もうバリバリの反抗期ですし、ねぇ。
 
そして、今回のミニ発表会。
コドモはよく頑張りました。
本番数日前に腰を痛めるアクシデントに見舞われ、病院だ検査だ、と、まとまった時間がとれなかったはず。
でもワタシはまったく練習に付き合いませんでした。
毎回のレッスンの様子もよかったので安心感もあった。
おかげさまでした&お世話になりました。
ここからまた、来年3月の発表会に向けて、どうなるかな、楽しみです。
 
当日のリハーサルは希望者がどんどん弾いていくスタイル。
「あと1回は弾きたいな」「楽譜持っていってもいいかな。確認したいところがあるから」と言ったりして、これまでは尻込みしがちだったコドモが積極的だったこと。
それがすごく嬉しかったです。