kibikibi=note

大人から始めるピアノと日々のこと

おしゃべり Lesson 19

♪レッスンメモ 19/44
 
ブルグミュラー
・おしゃべり
中間部は左手は同音連打、右手は重音で上の音をだしたいし、強弱も付けたいし~をまとめてしようとすると速度があがらず。
左手はそれほどおかしな弾き方にはなっていないらしい。右手は、ワタシの困りごと(高音を出そうとして手が固まる)を、先生からも違う言い方で指摘される。
はい、おっしゃるとおりです。
そうならないで弾けるように練習方法を教えていただく。
練習が楽しくなってきたところです。
ブルグミュラーはどの曲も最初は「むーりー!ぜったい無理!!」って思う。だけど、結局は練習が進むことが多い。
ブルグミュラー先生に見事に弱点を突かれて、毎回やだなあと思うわけですが、日々取り組んでも飽きずに練習できる曲ってことなんだな。だんだんと弾きたくなる曲。
ブルグミュラー先生、きっといい先生だったんだなあと思います。
 
ギロック
・魔法の木
出だしの左手が転んでしまうんデス(涙)→落とすことだけに努めること、と。それに左利きの人には左旋律の曲は弾きやすいはず、と先生。
ワタシは音量を出そうとするとアクセントになってしまうので、そうならずに音量が出せたらいいのだけどなあと思う。
出だしが転ぶと、同じ主題が最後まで、そして最後も転びます。
魔法の木っていうくらいだから、メロディはだんだん呪文のようにも聴こえてきた。。。転ばない呪文、にしたいな。 
・古い農民歌
相変わらず、えっちらおっちらと弾いています(涙)。
和音の上の音を出すのが難しいですが、「おしゃべり」の重音の練習といいコンビ(?)な気がしてきたところ。
もう少し練習できるし、練習したほうがいいと自分では思う。
 
ハノン 音階 今回からG-Dur
右手、前回までのF-Durと同じく4の指が黒鍵。なのにG-DurのほうがF-Durより最初から弾きやすいですよ。不思議~。左は指づかいからまごまごしてます、よく練習します。 
 
以上、どの曲も、どうどうと間違えながら弾けました(笑)。
ほんと強くなった。いいんだか、わるいんだか、ですが(ーー)、、、
感謝して練習します。
あ、そうだ。
今週、和音の弾き方の話が面白かった。
ワタシが思っている弾き方とぜーんぜーん違っていた(笑)。目からうろこ。
いまはアタマでそーなのかあと納得しただけですが。わからないこと、できないことはレッスンでお話してみるものだなあと。
それに、こうしたい、こう弾きたい→でも出来ないってことも、話してみるといいんだな、と思った。初心者の高望みでも、でも!
。。。なにも望まないよりは、いいはず。。。ですよね?
「こう弾きたい」という気持ちがあるからピアノを弾くのが面白くてムズカシくて楽しい。ワタシはまず楽譜どおりに弾くのも難しい。 
 

「ねーねー、きいてよ・・・」
「へえ、、、あはは。」
なあんて、落ち葉たちのおしゃべり。