kibikibi=note

大人から始めるピアノと日々のこと

ピアノで落ち込まないためにやっていること、の続き

コドモを見ていると、いろいろ考えさせられます。

それなりにお年頃になってきたとは言え、まだまだ感覚のヒト。

練習はしたいときはたくさんする。

気持ちが乗らなかったら時間は短いかも。

毎日練習はしています。

すぐに変わらなくても、弾く。

すぐに出来るようにならなくても、弾く。

そんな意識はおそらくしていないはずですが

結果、それが、じっくりじっくり練習していることと同じになる。

そうして最後の最後にレッスンでがらっと演奏が変わる様子を見せることもあります。

・・・若干、棚ぼたデスガ(笑)

でも、いいなあ、見習いたいものだなあとワタシはうらやましいです。

 

ピアノが弾ける時間は限られているから

次のレッスンまでに、何をどうしたいか、何をするか、具体的な目標を持ってレッスンをむかえられるよう心がけるときもあります。

いまより先、前を向く作業をとり急ぎ採用です(^^)/

今日できなかったことは、よーくわかりましたm(__)m

その上で、これから出来るようになるかもしれない『具体的なこと』に期待する。

 

例えば、次のレッスンに向けて、ワタシはいま毎回練習を録画しています。

ゆっくり弾く練習の録画です。あとで編集してダイジェストにしてみたい。自分で変化が分かればいいなと期待して。

ココロガマエとしては、小学校の朝顔の観察日誌と同じ(笑)

毎回記録する。続けて記録する。

それを練習のきっかけ、言い訳(^^)に。

 

もう一つは真逆。

「レッスンまでに〇〇ができるように」という意識を「よいしょっ♪」と棚の上に大切に置きまして。レッスンを自分の練習過程の途中にただカレンダー的に訪れるものとする。

そうして、どんな風に弾けるようになりたいか、目標と期間をゆったりと考える。

または、なーんにも考えないで、ただ弾く。聴く。

最初に書いたコドモに近いスタイルですね。自然体。

コドモの場合は放っておくとそのまま本番直前まで「棚の上」ってこともあるので危ないのだけど(笑)

ワタシはこれが苦手でなかなかできません。。。一回いっかいの出来た出来なかったにとらわれてしまう(困)

 

あー練習できなかった(T_T)という日もある。

あー今日もできなかった。と続いてしまう時もあります。

大人だもの。

ワタシは、仕事で帰れると思った時間にぜーんぜん帰れなかったり。

早く帰ろうと思ってガンバって早く来たのにやっぱり帰れなかったり。

そんなことが、いちいちストレスに感じて。

あと、ピアノを弾く人はちょっと受験生のようですよね(笑)

ああ、勉強しなくちゃ。ああ、練習しなくちゃって思っています日常的に。

ときには「練習しない」って決めてしまうのもあり、だな、と最近思うようになりました。

練習できなかったんちゃうで。練習しなかったんとちがう。

練習しない。以上(^^)

休符です。休み。休みには意味がある。なんなら意味を与える。

www.syoboi-nougyou.com

畑違いかもしれないけど、ねぇいいこと言いますねっ。さすがです。

 

コドモが小さいころは、ピアノが弾きたいというコドモの気持ちを大切にしたいなと思っていました。弾きたいという気持ちがあれば練習してくれるから。

大人だって同じさー ♪

  

そして、ブログを書いている方たちは皆さん、だから書いていらっしゃるんだと思いますが、こうして文章にすることが考えや気持ちの整理になるんですよね。

( ..)φ書き書き。。。

 

・・・長くなりましたが

4・文章にする

5・曲の練習スケジュール・目標の設定(レッスンは度外視)

6・次のレッスンまでの練習スケジュールと目標の設定(超短期計画)

7・練習しない&何も考えないで練習する(子どものように。笑)

を順不同で書いてみました。

ピアノ入門者のいまのところの工夫あれこれですm(__)m