kibikibi=note

大人から始めるピアノと日々のこと

先生はいつも右側にいらっしゃる、とは限らない =Lesson.その1=

素朴な疑問です。

教室によって、先生によって、違うものなんでしょうか???

レッスン中の先生の立ち位置って。

あ、座っていらっしゃる場合もあると思いますけど。

ピアノは右から聴くものだから、右側なのかなあ。。。

およ?

2台ピアノが置いてあるときは

その場合は左手側のピアノを先生が、右手側のピアノを生徒が

弾いていません???

そんな動画を観たことがありますし、

そういう練習室に行った時も先生が左、生徒が右でした。

それは生徒が先生の音をよく聴くように!ってことなのかな???

 

さて、ワタシ、ずいぶんと前から考えていたことを、ようやく実行しました。

記事のタイトルが‘『Lesson.その1』になっているのは、

今週から新しい先生に教えていただいているからですっ(^^)/。

先日はじめてのレッスンを受けました。

 

 

その先生は、ワタシの左側に座って教えてくださるんですよね。

だから最初なんだか違和感を感じて・・・、あ、そうか!!!

いまのピアノの教室と逆だからねって気が付いて、ちょっとおかしかったです(笑)

すぐに慣れました。

しかたがないから。。。

  

だってそれは、、、車の運転のレッスンだから~~~(^▽^;)

どうしたって先生は助手席でワタシの左側に座りますね、はい(笑)

 

 

15年以上、運転していないんです(その前だってほとんどしていない。)

とてもとても、無理だろうなあ・・・

そんな筋金入りのペーパードライバーをよく引き受けてくださるなあ・・・

と迎えた初日のレッスン。

すごく楽しかった。

緊張はしましたが、怖いこと、分からないこと、不安なことを

ちゃんと聞くこと。分かったをふりしないこと。

自分がやる(運転する)んだから。

・・・・・・という点でピアノを習っている経験がすごく役立ちました (^_^)

短期集中レッスンなので、あと3回で終了なんですが

ワタシでも大丈夫かも、運転できそうという自信が持てたことが、ウレシイ。

絶対できるようになりますよ!という先生のフォローが頼もしい。

 

それに、車の運転のほうがピアノより簡単なのかも。

・・・・・・ふつうあまり比べないですね、このふたつを(笑)

運転は命の心配があるのに簡単で

ピアノは難しいけど命の危険はない、けどムズカシイ、、、

ピアノもココロのキケンはありますが(うん、ある。だから好きじゃないとね!)

クルマはほぼオートマ、という点からしてピアノと違い過ぎますが(^^;)

 

それにしても

新しいことが出来るようになるって、いくつになっても楽しいものなんだなあ。 

 

じつはもう1個、ワタシ、やってみたいことがあります。

やっぱり、やってみたいことはやってみたほうがいい。

自分の人生に遠慮しないで、ね。

ワタシ、ガンバロー。

 

・・・・あ。そうはいっても数年前に、うっかりスキーに行ってみて

ひゃー勇み足だった、、、という目にあったことがありました。

リフトには乗れちゃったので、ほぼ転びながら降りるしかなく。。。( ゚Д゚)

生身の身体を使う案件は自重いたしましょう(笑)