MENU

笑っておしまい、、、新しい習慣

落語に行っていた頃がありました。

職場の近くに、ときどき落語会が開かれるホールがあって。

運がいいと文珍さんと志の輔さんがいっしょに聞けたりしましたっけ。

噺家さんの話を聞いて

その場にいる人たち、みんながおなじ光景をアタマのなかで映像にしているんですよね。

 

 
立川志の輔「踊るファックス」<有頂天落語>

 

 

私は笑っているひとを見るのが好き。

私がおもしろいと思ったタイミングで、いっしょに笑うひとを見るのが

嬉しい。安心するのかもしれない。

 

 

 

ちょっと調べてみましたら、

ネガティブなこと1を帳消しにするには、

ポジティブなことが、その6倍必要なんですって。

1回泣いたら6回笑う。それでやっとドロー。

もし2年泣いちゃったら、ドローに12年!?

・・・・・・うー、、、なかなかへびぃ。ねぇ。(^-^;

2週間だったら、3か月。

毎日の習慣が3か月後の、12年後のわたしにつながることは確か。

 

だから、嫌な気持ちになるようなこと、いまからすぐにやめよう。。。

か。と。

新しく何かを「やめること」も習慣だなって、ちょっと真面目に考えていました。

 

 

 

 

 

 

 

 一日一笑 (^^) したい。できたら大笑いしたい。

もっとできたらまわりのひとといっしょに。

 

 

 

 

 

f:id:kibikibinote:20200627071330j:plain



 

ひと息ついてベランダに出ると今夜は満月で。

このあと、もうちょっと仕事を片づけるぞ。

 

 

ブログやインスタに、良かったことを「映える」ことを書くのは

しあわせ自慢なのか?!っていう話もあるのでしょうけれど、、、

生きていたら、ふつうに嫌なこともつらいことも、

なんでこんな目にと思うことだってあるから。

あるのが当たり前。

そこから映えることを選んでフォーカスできる、笑える心意気、ですよねって思う。