最後とは知らぬ最後が過ぎてゆく

 

 

近況をいろいろ書きます~_φ(・_・

 

先日の月食。うちから歩いて数十秒の開けた所。

午後6時過ぎ、東の空。ほぼほぼ皆既月食なみに欠けるという話で楽しみにしていました。お月さまはどこかなぁと見上げる。

やや薄曇り。

お子さん連れの家族がちらほらと。だからきっとこの場所から月が見えるはず。。。

「あ、あれじゃない?あの白くてまるい影みたいなの?」

「あー、あれか!」

と話す両親の横で、コドモに「あれはパラボラアンテナでしょ😑」と呆れられる。

「ええええええっ😱」なんてことがあったりました。

みなさんは月食、観られましたか???

 

 

だんだんと冬の空気の匂いを感じるようになってきましたね。

コタツをだしたり、冬のお布団の支度をしたり、気温の下がり具合になんとか間に合わせ、ホッとぬくぬくしております。

コドモは「着る毛布」がお気に入り。

夜遅い時間まで勉強を(たぶん)がんばっている。

朝、コドモの登校後、”ぬけがら”の定点観察をしてしまいます(笑)

 

f:id:kibikibinote:20211123012834j:plain
f:id:kibikibinote:20211123012850p:plain

 

 

「最後とは知らぬ最後が過ぎてゆくその連続と思う子育て」

俵万智さんの歌です。こどものあれこれは、そんな気持ちが強くなってきました。

 

 

 

その受験生のお守りをいただきに先週は高尾山へ行ってきましたよ。

 

f:id:kibikibinote:20211123011911j:plain
f:id:kibikibinote:20211123011849j:plain

f:id:kibikibinote:20211123012038j:plain

 

頂上から富士山が見えました。すっかり雪で白くなっています。

 

 

 

こちらは、畑の秋冬野菜の収穫。

大根、青梗菜、カブ、キャベツ、ミニ白菜、スティックブロッコリーです。

なんか、どんどんどんどん、季節が進むなぁ。

 

f:id:kibikibinote:20211123013937j:plain

 

 

 

 

 

さて、ピアノのこともメモします (^^)

11月はピアノのレッスンの間が開いていて、あの曲この曲どれがよいかなあと次の曲を選んでいました。

・ディアベルリのソナチネ Op.168 N0.3

・平吉毅州/ひとりぼっちのワルツ

f:id:kibikibinote:20211123004249j:plain
f:id:kibikibinote:20211123004220j:plain

 

まず、タッカタッカのリズムが出てくるこの2曲を弾きたいのは、おそらく発表会の曲の反動です(^^)

 

・エリーゼのために

・ショパンのワルツ9番(再び)

も追加。4曲とも弾きにくいところをゆっくり練習中。

これにツェルニー100番練習曲から1曲。

譜読みの曲数が多いのも、きっと発表会でひとつの曲を集中練習していたからかと。

レッスンへ持っていくのはツェルニーいれて2曲か3曲なので、ここからまた選びます。

「エリーゼのために」は「ベートーヴェンってロックなの???」と感じるようになった。超有名曲。いままで私にはどこかわかりにくさのある曲でしたが、ぐんと面白くなってきました。

 

 

ところで、ショパンコンクールの話も思ったこといろいろとありますが、、、、

取り急ぎ、反田さんの情熱大陸が!!!

 

 

というお知らせをして、ではでは、また~(^_^)/