ざ・雑談

 

 

f:id:kibikibinote:20201224182801j:plain
f:id:kibikibinote:20201224182728j:plain



リースを今年も生の樅木で作りました~。大きいの(玄関)と小さいの(お部屋)。

松ぼっくりなどなどは飾らず、今回はこのままシンプルに。

 

 

 

さて、今日は雑談です(^^)

お話のその1、クリスマスだから弾いてみました。

 


Xmas🎄2020

 

練習の合間に練習をしないで(といってもしますが、、、)

弾けるのはこのくらいであります (^-^;

 

f:id:kibikibinote:20201225003158j:plain


この本にのっていた「サンタクロースがやってくる」を

ちょっとだけ変えて弾きました。ときどき家で初見の練習に使っている楽譜。

のっている曲は音楽の教科書のような曲なのですが

たぶんものすごくよく考えられた編曲で、「音数少ない&きれい」が両立しているんですよ。

 

今年のピアノは総じて楽しかった♪

昨年のいまごろは、弾きたい曲を聞かれても「ない」「思い浮かばない」

そんな心持ちでいましたけれど。

いまは弾きたい曲が渋滞気味です。しあわせだ (^^) おかげさまです。

 

 

 

お話その2。Nバック課題ってご存知でしょうか???

これは、なんかですね、楽譜に似ている気がするんです!

DNB-15分IQアップ脳トレゲーム-

DNB-15分IQアップ脳トレゲーム-

  • keigo matsumaru
  • ゲーム
  • 無料

apps.apple.com

 

上のゲームは、「場所」と「文字」を覚えます。

Nバックというのは、「N個前の課題」という意味で

N=2の場合は

ぱっと画面にあらわれて消える、その「場所」と「文字」を記憶(1個目)

ぱっと画面にあらわれて消える、その「場所」と「文字」を記憶(2個目)

ぱっと画面にあらわれて消える、その「場所」と「文字」を記憶(3個目)

→この3個目と「N個前=2個前=1個目」が同じかどうかを答えます。

以下 4個目と2個目、5個目と3個目、6個目と4個目、、、と照らし合わせていきます。

 

私はこのゲームが最初、やんなっちゃうくらいできませんでした。

そこで、コツを調べました。

あらまほしき先達の方々の教えは

「一個ずつ覚えない。N個ずつまとめて覚えて、N個ずつまとめて忘れよう」

「ミスしても気にせずたんたんと続けよう」(N=2なら、5回までミスOK)

でした。

この二つを意識。

すると、N=2が楽にできるようになりましたよー。

自転車が乗れるようになったのと同じ感覚。

なにか回路を獲得した感じです。

いまはN=3でたまに遊んでいます。

ちなみにこのゲームのN値は最大13までです (^^; えー。

 

 

  

N'バック

N'バック

  • Yasuyoshi Ota
  • 教育
  • 無料

apps.apple.com

こちらも同じく「N個前の課題」を答えるゲーム。

ぱっと画面にあらわれる図形、例えば、⬜が何個あったかを記憶していきます。

一瞬で数えるのと一回間違えるとおしまいなところが難しいです。

これは自分でちょっとコツをつかみました!

よくよく見て数えようとしない。

まんなかあたりを「眺める」ようにするといいみたい。

あと、数えられなかったと思ってもあてずっぽうでも答えます。

そして「やった!当たった!」なんて雑念で、早速、次の課題を見逃します💦

 

間違えても先に進むところや、次々あらわれる課題のテンポ感、

先のコトを見ながらちょっと前のことを答える感じが

楽譜(読譜)に似ている気がして(笑)

興味がありましたら是非🙂

 

 

お話その3。引用付きスターのこと。

みなさまのブログにスターを残すときに、

ここが響いたのです!という箇所を選択してスターをポチっとさせていただくことが、

ときどきあります。

響いた!と思いながらも、つい普通にスターをつけているときもあり

いつもいつもではないですが、

あと引用スターができないブログデザインもあるみたいですね。

引用スターは見てすぐにわからない地味さも気に入っています(^^)。

これからもひっそりと地道につけてさせていただきますね⭐️

 

 

今夜はyoutubeやインスタでライブがいろいろあったよう。

年末年始にアーカイブを見られたらいいなあ。

楽しみ。

あ、きよりんさんのはブログを書きながら聴いていました ♪

 

youtu.be