ことばにする。

 

レッスンは、今回はまずチェルニー100番から。

右手の指が4、5と高音になるにつれて音が軽くなる。

もっと重みをと。

やり直せたところで「いまできるようになったのは、どうしてですか?」

と先生。

どうして変化したのかをことばにするのは難しい。

けれど、先生が言葉にして教えて下さることに、いつも感動している。

だから、ワタシもがんばって当てはまる言葉を探そうとする。

音を大きくと力が入って、結果、逆に軽くなってしまっていたのかもと?

テニスのラケットをガシガシに握っていてボールは飛ばないような?

む、むずかしい、、、。

 

続いて、ベートーヴェンのソナチネのト長調。

第一楽章を通す。もっと全体的に音量を出して~!

あれ~?さっき言葉にしたのに、、、ですよね(笑)

きっとエネルギー不足なのだと思う。

チェルニーを10のエネルギーで弾いている。

曲も同じ10のエネルギーで弾いている。

音符が増える分、小節が増える分、気にかけるところが増える分、薄くなる。

原因はそんな感じかと振り返ればわかるのですが。

弾き直しながら、いろいろ教えていただく。

また次回へ。

そして、第二楽章の譜読みのあとを見て、弾いてみましょうと促され

弾けないけど弾きました。

第二楽章も大好き。

弾くと知っている音が聴こえてくることに、まだまだ新鮮な気持ちで練習中。

耳で知っている曲、だんだんと速く弾きたくなってしまい、練習が進まず

弾けないのです。

ここは左手の和音が同じなのに変化を感じる場所、

ここはそれまでとは変わってつながりを感じるところ、と

お手本を弾きながらの先生の話に、ぶんぶん首を縦に振ってうなずく。

面白いでしょう楽しいでしょう、というふうに話される先生。

次回までは、第一楽章1に対して第二楽章は3~5ぐらいの配分で練習しよう。

 

 

 

 

f:id:kibikibinote:20200907020625j:plain

 

チェルニーの次の宿題です。

これは再チャレンジ曲ですよ (^^)

基礎の教本でほんの一部を弾いた記憶があります。

楽しみ。←未来にいいイメージが持てることって大切。

 

 

 

 

 

 

 

 

 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ