記憶・思い出・キロク

 

 

 

母の日にはケーキを買ったよー、父の日も買おうよー

そーだよ、俺の誕生日ケーキは母の日のケーキと一緒にされたもん

 

・・・などと、日曜の夕飯時になって言い出す家族。

確かに、コドモの誕生日のお祝は当日ではなかったよね。

そうしたら、うっかり母の日と重なった。

ケーキ屋さんは人と人の間隔をあけた長蛇の列(だんだん思い出してきたぞ。)。

早々に諦めて、再度日延べしたのだった。

明日もあさっても皆、家にいるんだしね、と。

あれ?

ケーキはちゃんと「お誕生日おめでとう!」のプレート付きでしたよ。

だ・か・ら!?

母の日のケーキは買ってないですよっ!!!

記憶って、、、ホントに、、、いいようにねぇ、、、コワいですねぇ、、、( ゚Д゚)。

こうして記憶が思い出になり(加工)、素敵なのものになるのかも。

なんて(笑)

 

 

 

 

さてさて、練習とレッスンのキロクです。

シュー・クリームのレッスン1回目。

 

前回のレッスンで

新しい曲を初回のレッスンに持ってくときに

「鉛筆の下書きのような」状態にしかならなくて💦とワタシが言うと

それは曲全体を見られるし、いい取り組み方ですよ、と先生が言って下さった。

それで、ワタシはなんとか鉛筆の下書きを弾く。

音に集中すれば、さほどヒドイことにはならずに弾けることが体験で分かってきた。

指使いを弾きやすく直すよう見てもらいながら、最後まで弾く。

短い間でよくさらいましたね、と。

 

先生は、たぶん、加点で見てくださっている。

100点からの減点ではなく、

ゼロからのワタシが、いま出来ていることを、ひとまずは認めてくれて。

その上で、こう弾けたらいい。

なぜなら曲がこうなっているから、という。

「曲からの目線」の話を聞くと、楽譜をよりどころにしてそのあとも練習ができる。

 

  

おおまかな曲の進み方と印象の話。

先生も弾きながら話し、先生の話を聞いてワタシも音をだして試しながら話す。

弾いたことがないような和音がおしゃれ、とか

ここのリズムの特徴はね、とか。

このあたりの感じがまだよくわかりません、とか。

 

転調や和音の転回(回転?いや転回というのですね(^^))。

和音の変化の話は前回も別の曲で登場した。

ワタシは曲に出てきた調を自主練でスケールとカデンツで練習しているのだけど、

それに和音も加えたいなと思っていて、音にしながら確認。

すると先生が「次回から数分だけでも楽典をやってみましょうか?」と。

仰々しくなく、五線譜ノートを持って来てくれたらOKだからと。

 

やった!面白そうだ (^^) 嬉しい。

「・・・ということが分かったと言って、だからどうというわけではないのですが」

と、いつも控えめに音の仕組みを話す先生。

それが練習中の曲のお話だから、興味がわく感じがほど良くていいんです。

 

 

 

 

ほんの少し前まで、曲の途中の臨時記号は

「指が間違えやすいところ」というチェックの仕方だったし

どうして「ド♭」なんだろう、「シ」って書いたら分かりやすいのになあ、、、

と、ややこしく思ったりしていた。

いまは、感じが変わる?どう変わる?

ドを半音下げたいという意味?と読むようになってきた。

それも、先生の「調がない曲ってあるんですよ」という話を聞いてからだ。

決めないことにも意味(意図)があるんだ、そうなんだなぁ。

たとえ作曲者の気分だとしても、そういう気分ってどういう気分なんだろう?

そして、調のイメージを自分でもっととらえてみたい、と思っている。

 

 

スケール練習はワタシの場合は

数カ月やらないでいたら、最後に音階が出てくる曲が弾けなかった、

練習で曲のテンポが上がってきても、ラスボスのように音階でつまっちゃう(T_T)、

ということがあってから練習してみています。

あと、ド~ドまでの間に13個ある鍵盤がドレミファソラシドの8個に絞れる、

(単純には)5個はないことにできる

それがその曲の調です、という話を読んだことがあって納得したから。

8個の音を片手で続けて弾けるようになる魔法のカギ ♪

 

飽きない工夫はワタシは必要 (^^)

こちらは、練習の仕方がいくつか載っていてそれが面白いのと

ありそうでないカデンツだけを集めたページがあるのが重宝しています。

 

 

f:id:kibikibinote:20200623112259j:plain

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ