癖をなおす。。。年明けのレッスン

コドモの年明けのレッスンに

私はもうついて行かないつもりでいたら、コドモにびっくりされる。

あら、行ってもいいのなら、いっしょに行きますよー。

来るなと言うまで行きますとも (^.^)

 

そして・・・

 

コドモ、最初の旋律の左手の和音の間違いを気づかずにきて、

前回そう教えていただいて分かってはいるけど、なかなか直せなくなっている。

微妙に汚くはない別の音で間違えて弾いていたらしく、もうそれで指が覚えてしまった。

実はコドモは小さいころからの得意技でしたね、それね (-_-)

主題なので繰り返し登場して、そのつど直されていた(笑)。がんばれー。

 

 

といいながら、私は私の先日のレッスンで

和音をつなげようとして残そうとしている指が、その指ではない、と教えていただいた。

あと、左手5の指の音が出ていないからおかしく聞こえる場所も、弾けるように教えていただいた。

そう原因がわかって、気をつけるとちゃんと音が変わるのがわかります。

癖がついてしまったのは私も同じ(笑)。

私もがんばって練習しよう。

あと、、、

なんとなく終わらないで、ちゃんときっぱり弾き終わること。

うぅ、やっぱりそういうのって伝わっちゃうんですね (>_<) スミマセン、と思ったりしてます。

 

前回、右はスタッカート、でも左はスタッカートではないところを、私は自分に弾きやすいように弾いていて、左右で違うことをする練習と教えていただいた。

 

いま私ができる範囲で、ひとつできたら、もうひとつ。

もう少しよくなるように教えて下さって、ありがたいです。

それは、曲の仕上がりがすこしでも良くなるように。

だから私の弾き方が変わるように。私は自分がいま練習することがちゃんと分かる。

求められていることも分かる。

私がそうしたかったけど出来ないと思っていることを、

先生から出来ていないと教えてもらえるのが嬉しい。

 

そういったことをこれまで練習してこれなかったのは

私のせいだと思っていて自分を委縮させている癖が私にはある。

だけどね、、、

コドモが今朝、彼が読んだ新聞で知ったことを教えてくれるわけです。

江戸時代には仇討ちの仇討ちをすることは禁止されていたんだって。と。

・・・(追記)いまその新聞をみたら「敵討ちの敵討ち」でした、、、

それを始めたら止まらなくなるからって。

そんな話を偶然に子どもから聞くと、もう。なんだか、ね。(T_T)(''Д'')

事実は、そうなるには、そうなるだけの積み重ねと理由がある。

ふんばる。

 

レッスンは 私にとっては貴重な音楽の時間。

そうしみじみ思いながらの帰り道。

私がもっとその場で直せたらいいな。そういう意欲を持っていこ (^^)
だから、コドモの教室のレッスンを見学できるのは嬉しいです。
コドモが果敢にその場で修正をココロミルので、見習いたいなと思います。