わたしまけましたわ (T_T)

 

ストリートピアノが思いかけず

そう遠くないところに新設されたと知りました。

なんと!

よしっ♪

ではでは、行ってきますよーと出かける。

家を出て数分、ふと、ピアノのある詳しい場所をちゃんと見ようかと思った。

(この思いつきが、なんのお告げかしら?!だったのですが)

スマホで検索したら、「~〇日まで」と期間が書いてあって。

うん、期間限定なことは分かっていますよ。でも、、、

あれ???これって???

あれ???今日ナンニチですか???

 

 

 

 

わりと気軽に行ける距離だったのです。

気がつかなかった~!やった!と思いながら、あれやこれやと日延べしていたら。。。

気がつかないうちにストリートピアノの設置期間が終わっていました。

 

 

ああ、、、『いつか』はないって、頭ではわかっていながら (T_T)。

 

 

 

まず日にちを決める。

仮でもいいから決める ( ..)φ

いつか、より、『動く』だよ。ワタシ!

過去、より『今』だよ!

わたしは「いつか」という言葉にまけて

わたしにまけたのじゃ(>_<)

 

 

 

 

 

 

新しい教室のレッスンは3回目になりました。

ワタシに弾き方を授けてくださって、ありがたいなと毎回思います。

すこし、、、とまどいもします(^^)

出来ていないことを出来ていないと、こう弾けたらいいですねと教えてもらえることが

当たり前のことではない、と感じるようになったからです。

私はいまから音大に行くわけでもないし、とびっきりの才能があるわけでもない。

ただ弾きたくて、弾いています。

弾きたいから、いま目の前のブルグミュラーをいちから譜読みして、弾く。

 

私よりピアノの先輩のコドモも、そうして練習して続けてきた。

いま難しそうな曲を譜読みしていますが「弾けるようになるのかな?」

というところから練習をはじめている。

  

 

 

 

だれかに言われなくてもレッスンに通うのですから

その時点で私は自分から動いているのですが

逆に、だれかがレッスンに強制で連れて行ってくれることもないので(笑)

「弾きたい」気持ちが消えてしまうと練習を続けることができないでしょう。

あるいは、きれいさっぱり気持ちが消えてしまうなら、いい。

つらいのは、なぜだったんだろうか。

比例・反比例のような?

作用・反作用のような?

「弾きたい」のに逆の方向に同時に引っ張られるような、そんな状況は

苦しい。

だからといって、 

むりに、やる気を外付けしたら、今度はずっとその動機が必要ですよね。

きっと。

エネルギー源は自分の内側の気持ちのほうがいい、私はそのほうが好きです。

 

 

眼はつむることが背けることが出来るけれど、耳は聴こえる前に閉ざすことが難しい。

だから否定的なことは言わないにこしたことはなくて。

(言霊ってあると思う!)

耳にしてしまったら

ネガティブなことにも意味があると、

良いことに転じる、か、転じさせるようにがんばりたい。限度はあるけれど(笑)。

大人も自分が好きで弾いている、かのようで

いつのまにか

自分で自分を強制して無理して続けている状況になる場合もあるのかもしれない。

それは苦しいことだと、私は自分の少しの経験から想像します。

 

  

ピアノを弾きたいと2年間、思い続けられたことは大切にしたい。

 

なんだかんだと3年目にはいりました。

レッスンの終わりに

ワタシが、教えていただいて嬉しいです、とお伝えすると

先生は、練習してきてくれて嬉しいです、とおっしゃいます。

決して当たり前ではないこと。

ピアノが楽しいと思えることが嬉しい。

 

 

 

 

 

ワタシ規模のささやかな「楽」と「苦」がつり合うのと同様に、

才能あるひとの「楽」と「苦」は

どちらかばかりが大きいってことは

ないんだろうな。

たいへんだけど、どちらも大きく受け取るのかな。

自分に負けずに続けられることだけで、もうすごいことですものね (^^)

 

 

f:id:kibikibinote:20200627072601j:plain



 

ぬくぬくの三重奏(暖房+マット+テント)♪

そんなネコさんを横目に、雨が止んだからワタシは散歩に行ってきますよー。

ねこさーん、おそとは寒そうだよぉー(^▽^;

コーヒーをいただいてからでもいい??(^▽^;

ピアノ弾いてからでもいい??(^▽^;