kibikibi=note

大人から始めるピアノと日々のこと

そんな日もあるさぁ Lesson14

♪レッスンメモ 14/44
 
先週は、引き続き右手。
ギロックは、ゆっくりの速さで弾いたらいい。速さは自然と伴うもの、と。
そして、ブルグミューラーのバラード1回目。
最後両手のユニゾンで止められる。
ここは右手親指が鍵盤に届きにくい、届かない、弾きにくいと感じて弾いているので
ワタシは力がはいるのかな、どうしても。
そんなことないはず、届くから、と先生のお手本。
…………なんというか、実は仕事で疲れすぎていまして、ココロささくれてるなあと自覚しながら、ピアノを弾いていました。だめじゃん(笑)
まあ、そんな日もあるかぁ(>_<)、、、新曲を止められるまで弾くんだから、
以前に比べたらなにか出来るようになっているんだろう・・・・・・、か?(笑)
 
 
友達のお嬢さんは、ピアノでつじつまの合わない(と本人は感じる)ことを
言われるのをとても嫌うそうで、友人はその点で相性がいい先生に出会えたのは助かった、と話していた。
そう。ピアノあるあるだと思うのですが
前回言われて、一週間練習して、今週またレッスンで違うことを言われると
家で真面目に練習する子ほどストレスに思うようだ。
うちのコドモにも過去にはそんな時期がありました。
「それはあなたの曲全体の弾き方が先週と変わったからだよ。」
「先生が違うこと言ってくださるのは、いいことなんだよ。」
「どうしてもわからないなら、どうしてと、先生に直接お聞きしなさいな。」
とワタシは話してきました。
ピアノの先生の音楽の作り方を信頼している(そうでなかったら習っていない)から、
多少のことでは揺らがない(はず)ですし
そう思えないなら教室に通っている意味がないでしょうし。
第一、音楽は楽しむもので、カチコチに仕上げるような仕事ではないのですし♪
ある程度は出来ないと、楽しむどころではないのは
ピアノも仕事も同じだけど(^^;
 
 
このくらいの色合いが好き。梅雨明け、もうすぐかな。