kibikibi=note

大人から始めるピアノと日々のこと

自分のなかの先生 練習について:連休1/10

レッスンが週に30分。
練習時間が短くて週7時間だとして、
私のピアノの時間のうち、レッスンが占める割合は約7%です。
7%!(驚)消費税より低い!(笑)
時間だけで比較したら
自分の練習が9割以上!ということで、練習について真面目に考えようかと。
 
先日、自分のなかに先生を育てる、という方法を権左先生のブログで読みました。
「レッスンはやり方を学ぶ場所」
「変わるのは自分」
「先生は魔法使いじゃない」
 
・・・先生を魔法使いかのように思っているわけじゃないんだけど
私は弾けなさすぎで
「魔法使いのように思われてもなあ」という困った感じを教える側に与えるかも、しれません(笑)
 
自分の気に入った音、弾き方ができるように、励まして、試して
その過程をいっしょに楽しんでくれる。
私はそんなアドバイザーを先生として自分の中に育ててみたい。
レッスンに行くときには、大丈夫、練習を試してね、楽しんでね、と言ってくれる。
考えと練習が堂々巡りになったときに、別の方法を提案してくれる。
大切にしたいことを分かってくれる。
自分のなかの、そんな新しい先生と、今年度は一緒に練習しよう!
 
***************************************
権左先生のブログから
 
重要なのは、あなたが先生からアドバイスを受けたときに何を変えたら変化したのか、です。
レッスンで先生の言葉を聞いて、あなたの演奏が自動で変わるわけじゃないですよね。
何かが変わったから演奏が変化するんです。
 
「何も変えてないのに言葉を聞いたら自然とできたんです」って魔法使いの先生がいたら紹介してほしい。レッスン通います。